おまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンで返済を楽にしよう!

いろいろなところからキャッシングしている、毎月どこの会社にどれくらい返済しているのか把握しきれなくなった、そんな方におすすめなのがおまとめローンです、おまとめローンはその名の通り複数の借り入れを一本化して返済を楽にする方法で、うまくすれば金利もお安くすることができるいわゆる簡易的な債務整理方法です。
そんなおまとめローンは銀行や消費者金融業者など様々なローンを扱う企業で扱うようになっており、多重債務で困っている人にとって救いになっています、確実に借金の元本を減らしていくためにもおまとめローンをお考えになってはいかがでしょうか?
一口におまとめローンといっても金利や借り入れ限度額など条件は各社様々な商品が用意されています、下手におまとめローンを利用しても結果的に前の方が良かったなんていうことにもなりかねません、利用する前に各社のおまとめローンを調べることがまずは必要になります、これからおまとめローンを利用しようと思っている方などはインターネットの比較サイトや口コミなどを参考にしながらベストな選択をするようにしましょう。
消費者金融の場合は借入れ時の審査も比較的軽いため借りやすいというメリットがあります、その逆に銀行のおまとめローンと比べて金利が高く設定されていまので注意が必要です、ローンを一本かする目的の1つは金利を低くすることでもありますのでその点は重視しましょう。
消費者金融大手のアコムの借り換え専用ローンは追加借り入れなどはできない文字通り借り換え専用のローンになっています、繰り上げ返済も可能ですからまとまったお金が入った時などに一気に元本を減らすことも可能になっています、プロミスのおまとめローンも同じく借り換え目的の商品で申し込みは店頭か自動契約機からのみ可能になっています、その他アイフルのかりかえマックスなど大手消費者金融でもほとんどがおまとめローンを用意されていますので自分が一番有利になる商品で手続きしやすいものを選ぶといいでしょう。
消費者金融の場合一点注意したいのが総量規制です、総量規制は年収の三分の一以上までの借り入れしかできない規制になりますのでそれを超える借り入れはおまとめローンでもできませんので注意しましょう。
金利を押さえるためにはやはり銀行のおまとめローンがおすすめです、審査は厳しいですが、審査にパスする方であれば消費者金融よりお得になることがほとんどです。

 

おまとめローンの特徴について

社会人になってみると色々な出費が増えてしまって、収入だけではどうしてもお金が足りなくなることがよくあることに気づきます。そんな時に便利なのがキャッシングやローンなどの借入ですが、それでもついつい使ってしまうと段々と負債や返済が増えてしまって大変になります。そんな時に便利なのでおまとめローンという方法ですが、このおまとめローンは通常のキャッシングとはまた違った特徴があるので、今回はその基本的な特徴について説明していきたいと思います。

まずおまとめローンと通常のキャッシングとの大きな違いというのは、総量規制の対象外という点になります。この総量規制というのは近年改正された貸金業法で定められているものであり、年収の1/3以上の貸付を禁止するという内容になっています。これはキャッシングにおける過度の借入トラブルを未然に防ぐために制定されたという事情があるためなのですが、こちらには例外があります。それが今回紹介するおまとめローンという商品であり、各種の消費者金融のおまとめローンや銀行系ローンに例外が適応されているので、借金の一本化を考えている人には検討する価値があります。

具体的な例としてまずは消費者金融のおまとめローンをいくつか紹介していきたいと思います。まず消費者金融の大手として有名なおまとめローンはプロミスがあります。こちらの申し込みは店舗や無人契約機のみとなりますが、審査のスピードは業界一二を誇るスピードであり即日審査や即日融資にまで対応しています。借入限度額は最高500万円でありますが金利の方は4.5~17.8%と消費者金融並みとなってしまうのが若干のデメリットかもしれません。とにかくおまとめローンとして審査的に優しく早く融資が欲しいという人向けでしょう。

もう一つとしては銀行系ローンも総量規制対象外なのでおまとめローンとして優秀なものがそろっているのですが、やはりこの業界で有名なのは住信SBIネット銀行「ネットローン プレミアムコース」でしょう。使用目的が自由となっているためおまとめローンとしても使えるのですが、その最大魅力と言ったら実質年率2.49~7.99%という低金利な点にあります。借入限度額も最大1000万円となっており、ネット銀行系としては破格のおまとめローンとして利用することができるでしょう。ただしこれだけの有利な点が多い商品であるため審査に関してはかなりの難しさがあるのですが、一度検討してみるだけの価値がある銀行系ローンです。

このようにおまとめローンは年収の1/3以上の借入をすることができる上に、様々なメリットがあるので借金に困っている人はぜひ一度申し込みを検討するのがおすすめです。

おまとめローンのメリット

おまとめローンというのは、ローンのいくつかを一つにまとめるものです。
いくつかのローンのトータル額を、一括で返すことが可能な額を借りることができ、しかも、金利もだいたい低くなるため、多重債務者の場合には非常におすすめのものです。
バブルが崩壊してから、銀行の大手が相次いで合併しました。
このような時、銀行の中規模以下のところが、特徴のある商品を生き残るために開発したのがおまとめローンです。
昨今においては、銀行以外に、消費者金融やカード業者も扱っており、ほとんどのおまとめローンが担保無、あるいは担保に不動産をすることができます。
おまとめローンには、多重債務者を救うために、いろいろなメリットがもちろんあります。
金利が低いだけでなく、これ以外にもいろいろなメリットがあります。
ここでは、おまとめローンのメリットについて見ていきましょう。
基本的にローンというのは、金利は少ない借入額ほど高くなる傾向があります。
一般的に、金利が高いいくつかの金融業者からの借入金を、金利が低いローンにひとまとめにして組み替えると、低い金利になって借入限度額がアップします。
そのため、トータルの返済額が少なくなるのは当然です。
改正が2010年に行われた貸金業法においては、原則として個人の借入トータル額が、年収の3分の1までに抑えられるようになりました。
しかしながら、おまとめローンの場合は適用されません。
例外規定である一方的に顧客に有利になる借換えに該当するので、借り換えが年収を気にしないでできます。
例えば、300万円の年収の場合でも、おまとめローンで100万円以上を組むことが可能であるため、借り換えの場合でもあまり心配がありません。
ローンをいくつか組んでいると、返済日が複数あります。
返済にかかる物理的な煩わしさがあるだけでなく、メンタル的な苦しみもあります。
しかしながら、おまとめローンに借り換えした場合には、このような苦しみや煩わしさもなくなります。
ここでは、このようにいろいろなメリットがあるおすすめのおまとめローンについてご紹介しましょう。
おすすめのおまとめローンは、オリックス銀行カードローンで、最高800万円の融資限度額、3.0%~17.8%の年率になっています。
このオリックス銀行カードローンのメリットは、やはり融資額が最高800万円というように高額なものです。
このように融資額が大口であるため低い年率であることと、カードローンが銀行のものであることが非常に安心できます。

どこのおまとめローンの貸金業者を選ぶといいか

どこのおまとめローンの貸金業者を選ぶといいのでしょうか?
おまとめローンの貸金業者は、ニーズに適しているところを選びましょう。
おまとめローンを使いたいが、どこのおまとめローンの貸金業者を選ぶといいか分からないというような悩みが当然あるでしょう。
ここでは、おまとめローンの貸金業者を選ぶ場合の基本的なことについてご紹介しましょう。
おまとめローンの貸金業者を選ぶ場合には、応対しているスタッフが親切で丁寧である、利用した人の実績が多い、自治体や国に登録されている貸金業者である、システムが借りやすくて返しやすい、ということがポイントとして挙げられます。
このような基本的なことは、案外とよく見落とすようなことですが、実は大切であったりします。
せっかくおまとめローンを利用するのであれば、正しく、そして気持ちよく利用したいででしょう。
このような基本的なことを考慮した上で、どのような貸金業者を選ぶかと言えば、自分自身のニーズに対していかにマッチするかということでしょう。
ここでは、貸金業者を選ぶ場合のポイントをご紹介するので、自分自身のニーズと照合してみましょう。
おまとめローンのトータル額がいくらか、ということがはっきりしていると、このトータル額をカバーすることができるような貸金業者を選ぶといいでしょう。
それぞれの貸金業者によって、限度額はいろいろな設定になっています。
しかしながら、一般的には、おまとめローンの銀行系の場合には高く限度額が設定されているため、借入を多額にしたい場合は銀行系のものを選ぶといいでしょう。
借り換えをおまとめローンにするのであれば、金利が現在より低いものにならなければ全く意味がありません。
このことは非常に大切なポイントであるため、シミュレーションを十分にすることが大切です。
これについても、一般的におまとめローンの銀行系が金利が低く借り入れができると言われています。
金利は借入額との兼ね合いによって非常に違ってくるため、シミュレーションを事前に行うことが大切です。
おまとめローンを申し込みしてから実際の融資までの流れにおいて、時間がかかるのが審査です。
銀行系のおまとめローンの場合には、金利や限度額がいい反面、厳しい審査基準になっています。
この速さということでは、消費者金融の方が有利です。
貸金業者によっては、最短の場合申し込みから審査が30分で完了という場合もあるほどです。
現金が今すぐに欲しいというような場合は、消費者金融がおすすめでしょう。

おまとめローンを利用するなら銀行がおすすめ

おまとめローンと言うローンは複数ある債務を一まとめにして返済をすることが出来る非常に便利で優れたローンです。基本的には消費者金融でも銀行でも同じようなおまとめローンのサービスを展開していますが、この2つの大きな違いは消費者金融の場合は返済に特化したローンであると言う事、銀行の場合は追加の借り入れも可能なローンであると言うことが挙げられます。これは消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業法の総量規制が関係してくるため、追加融資が可能な形だとおまとめローンのサービスを行う事がdけいないためです。消費者金融のみに適用される総量規制は、年収の三分の一を超える貸し付けを禁止しているため、もし消費者金融のおまとめローンサービスで追加融資が可能な場合にはそれも総量規制の対象となってしまうため、総量規制の対象外となるように金利も低く設定し、さらに追加借り入れの出来ない返済特化型でのサービスとなっています。しかし銀行の場合はもともと貸金業法での貸し付けではなく、銀行法での貸し付けとなるため総量規制自体ありませんし、年収の三分の一までの貸し付けと言った制限もありません。そのため銀行のおまとめローンは消費者金融のおまとめローンとは違い、おまとめで借りた後の追加融資も可能なものが多いですし、300万円までのおまとめでの借り入れの場合は収入証明書の提出も必要ないなど、消費者金融に比べると非常にハードルが低くなっています。貸付金額も500万円~1000万円と消費者金融よりも上限が高いのも銀行のおまとめローンの特徴となります。基本的に銀行のおまとめローンの場合、消費者金融よりも金利が低く設定されているため、同じだけおまとめでお金を借りた場合でも、総支払額が安くなるといったメリットもあります。そう考えた場合消費者金融のおまとめローンのような縛りも、返済特化型で追加融資が出来ないと言った不便さも銀行のおまとめローンには無いと言えます。特にお勧めなのが楽天銀行スーパーローンで、他の銀行のおまとめローンと比べると即日融資が可能な点や、専業主婦でも利用できる点、300万円までなら身分証明書さえあれば利用できる点など非常に使いやすくなっています。もちろん利用できる限度額までであれば何度でも追加融資が出来ますので、その点でも他の銀行のおまとめローン同様に利便性が高いと言えます。セブンイレブンとローソンのATM利用の場合、ATM手数料が必要ない点も、無駄な手数料の支払いを抑えることが出来ますし、返済に関しても楽天銀行の口座があれば毎月口座引き落としが出来るため、おまとめ後の返済が楽な点も楽天銀行スーパーローンをお勧めできるポイントだと言えます。