住信SBIネット銀行 カードローンのうわさ・評判

住信SBIネット銀行株式会社は2007年9月24日に開業したネット専業銀行です。その住信SBI銀行が提供するカードローンの取り扱いを始めたのが、9月28日です。
まだカードローンの取り扱いを始めてから1年も経っていません。

新しい店舗を開店する場合、新装開店セールなど必ず行っていますよね?
パチンコなんか特にそうです。
新台入れ替えの数日はは赤字覚悟で、そのあとで赤字を取り戻すという方法をとっています。
知名度を上げるためも理由のひとつです。
「ここの店の商品安かったな」「この店でかなり儲けた」などと頭にインプットされます。
人によっては、そのことを周りの人に伝えたりします。

パチンコは極端で不適当な例かもしれませんが、金融・カードローンの場合にも当てはまります。
(会社によって新装開店セールの度合いは違いますが)
カードローンの場合、より多くの人に借りてもらうため、通常の審査基準より標準より一般的には下げます。(各社の戦略などによって程度の強弱はありますが)

SBIグループといえば、「イコールクレジット」・「SBIカード」などの商品がありますが、イコールクレジット・SBIカードのサービス開始当初は、「こんな俺でも審査受かった」、「審査どうなってんだ~」などと某掲示板では、お祭り騒ぎとなりました。(今現在、ふたつの商品ともにお祭り騒ぎするような審査ではありません)

ユーシーカード株式会社を2006年1月1日に吸収合併したセゾンカードは、カード発行当初は女性層を中心にまずは持ってもらおうと審査をかなり下げていました。そしてカードの発行枚数の増加とともに審査基準も上げていき、いまや日本トップクラスのカード会社となりました。

業界後発組が生き残るためには、リスクをある程度覚悟してでも貸し出しをしなければなりません。
貸すほうから見たら、可能な限り多くの人に融資をしたくてたまらないのです。

だから、どんな方でも申込してくれること自体、会社としてはとてもありがたいことなのです。

ただし、上限金利でも10%と一般のクレジットカードのリボ払い金利よりも低金利なため
税込年収が200万円以上であること。アルバイト・パートの人はは申込みできません。

時間が経つとともに、必ず借りにくくなって行きます。
低金利ローンを考えている方はお早めの申込をオススメします。